冬に起こりやすい注意すべき病気

ヒートショックからくる脳卒中に注意!

 

 

 

 

 

 

 

冬場に脳卒中が増える原因となっている、
「ヒートショック」とは、脱衣場から浴場、
暖かいリビングから寒いトイレへの移動など、
急激な温度変化が、脈拍や血圧に、
大きな影響を及ぼす現象のことだ。

 

 

気温が下がることで、末梢血管が収縮することと、
急激な寒冷刺激を受け、交感神経が興奮することが、
血圧上昇に繋がる。

 

 

もともと、高血圧の人はこれらの条件が重なることで、
脳血管が破れやすくなり、脳出血の危険が高くなる。

 

 

若い内は、こうした急激な温度変化にも対応できるが、
40代に入り、生活習慣病予備軍となった頃からは、
冬場の日常生活には、十分注意しなければならない。

 

 

対策としては、

 

 

「廊下に出る時は、衣類を一枚追加する」
「冬用のスリッパを使用する」
「洗面や炊事は、お湯を使用する」

 

 

などの、工夫がある。

 

 

また、外出時は、マフラーや手袋などをして、
露出を減らし、なるべく、外気に肌をさらさないようにしよう。

 

 

ヒートショックが、最も起こりやすいのは風呂場だ。

 

 

入浴時に死亡する人は、年間一万人を超えると言われており、
これは、交通事故で死亡する人より、多い数字となっている。

 

 

ヒートショックを避けるためには、
入浴前に、シャワーで浴室を暖めたりして、
急激な温度差を無くすことが、重要だ。

 

 

脱衣場の温度にも、注意しなければならない。

 

 

要は、できるだけ、室内全体が、
同じ温度になるような、工夫をすることである。

 

 

家のリフォームをする場合は、浴室暖房乾燥機や、
床暖房などで、すべての場所を暖かくするのが、理想的だ。

 

 

一時的な出費になるかもしれないが、命には代えられない。
まずは、入浴時から注意してみよう。